競馬バンク 競馬用語集 減量騎手の意味

減量騎手の意味

競馬用語集( 減量騎手 )

用語
減量騎手
説明

通常よりも負担量が軽くなっている騎手で、正式名称は「見習騎手(みならいきしゅ)」。

減量制度は、騎手免許をとったばかりの騎手に対して騎乗の機会を多く与え、育成を図るために設けられました。

免許の通算取得期間が3年未満であって、勝利度数が100勝以下の騎手一般レース特別レースのように斤量の定められたレース以外のレース)において、負担量を減量する特典が与えられています。

また、勝ち数が30勝以下は3キロ減、50勝以下は2キロ減、100勝以下は1キロ減の負担量で騎乗できます。

というのも、この減量制度は技術の未熟な新人(若手)騎手がベテラン騎手と同一条件で競走したとき不利になるため、そのハンデとして負担量を軽くすることで騎乗機会を少しでも多くし、見習騎手の育成を図るために設けられています。

ちなみに、当日版(新聞)の騎手欄にある▲は3キロ減を、△は2キロ減、☆は1キロ減を表しています。

関連用語

用語 説明
毛ばなが咲く 毛先に現れる現象で、急激に熱が出たりしたときに被毛が逆立ち光沢もなくなる状態のこと。 この状態になるとブラシをかけても治りません。 熱など出なくとも疲労がたまるとこんな状態になること…
顕彰馬 昭和60年に日本中央競馬会創立30周年記念事業の一環としてできた制度。 中央競馬の発展に多大な貢献のあった過去の名馬の功績をたたえ、顕彰して後世へ伝えていくことになりました。
検疫 検疫は、馬の場合、家畜伝染病予防法(昭和26年法律第166号)に定められた「輸出入検疫」のことを指します。 馬の場合、基本的には輸出の時5日間、輸入時10日間のけい留検査が実施されています…
掲示板 レース結果の着順やタイムを表示する電光掲示板のこと。
鶏跛 「とりあし」と言われるもので、鶏の歩く様によく似た歩様のこと。 後肢が地面を離れるとき、けいれん状に急激に飛節をあげる状態になります。 常足(歩いているとき)で顕著にあらわれ、見た目…
毛づや パドック解説などで「毛づやがいい」「毛づやが冴えない」などと使われていますが、毛の色・艶のことを指しています。 馬の栄養や健康状態がよく現れるのがこの毛づやで、状態のいいときはつやつや光っ…
決勝写真 スリット写真と言われるもので、競走する各馬がゴール板を通過する姿をレースの速度に近い一定の速度で撮影した写真のことを指します。 この写真を着順判定の参考にしていて、「写真判定」とはこの決勝…
繋靱帯炎 屈腱炎などと同じで競走馬にとって負担のかかる前肢に起こりやすい疾病。 俗に「ナカスジ」と言われるもので、なかなか治りづらい傾向にあります。 競走馬にとっては職業病ともいえるもので、脚…
経済コース 内柵すれすれに通るコースの俗称で、道中、ムダな体力を使わずに走れる経済的なコースという意味。 「経済コースをとれたから……」など、最短距離を走り、レースに不利のない時に使われます。
軽種 馬の分類で軽種と言われるのは、軽快で競走馬や乗馬に適したもので、サラブレッド、アラブ、アングロアラブ、サラブレッド系種、アラブ系種の5種類があります。 以前は軽種の中に準サラというものもあ…
用語 説明
 

競馬用語集

Top
競馬バンク 競馬用語集 減量騎手