競馬バンク 競馬用語集

競馬用語集(くから始まる)

競馬用語集一覧(くから始まる)

用語 説明
グイッポ さく癖(へき)の俗称。 胃腸を害して栄養不良になったり、疝痛を起こしやすい傾向にあります。 軽度のうちは矯正出来ますが、習慣性になった場合は矯正することはは難しいです。 そのた…
クセ馬 競走に影響をおよぼす「クセ」を持った馬。 集中力がない、真っ直ぐ走れない、他馬を怖がるなどのクセがあります。
クモズレ 後肢の球節(蹄の上の方にくるぶしのように膨らんだところ)の下部にできる円形のむくれ傷のことで、ともずれとも。 これは馬場の砂などによって擦傷した外傷で、競走馬は後肢の踏み込みがいいため起こ…
クラシックレース 明け3歳馬により争われるGIの「桜花賞」「オークス(優駿牝馬)」「皐月賞」「日本ダービー(東京優駿)」「菊花賞」の5大レースのこと。 この5大レースはいずれも英国の1000ギニー、2000…
クラス分け 競走馬は年齢と収得賞金によってクラスが分けられています。 勝てば必ずクラスが上がり、例外として、一部の馬は4歳夏にクラスが下がったり、重賞で2着に入って収得賞金が増えクラスが上がる場合があ…
グランドナショナル 英国のエイントリー競馬場で行われる世界最大の障害レース。 距離は約7242メートル、その間に30の障害を飛越します。 中山大障害はこのグランドナショナルに範をとって作られたと言われて…
グレード制 重賞レースの位置づけを明確にするために創設された制度で、欧米にならい1984年から格付けされました。 「格」を表わす記号として「GRADE」の頭文字である「G」を使用して、GI、GII、G…
馬の背中において、騎手や荷を乗せるための道具。 これに騎手の体重を加えたものが負担重量となります。 競走用の鞍は負担重量になるためごく小さなものが使用されています。 競走中に腹…
屈腱炎 特に前肢に起こりやすい腱の病気。 炎症を起こした患部がエビの腹のように膨れることから「エビハラ」「エビ」とも呼ばれます。 患部の裏側が腫れることが多く、競走馬の能力を著しく減退させ、…
栗毛 馬の毛色の一種。 被毛は帯褐黄色(黄色味を帯びた明るい茶色)、長毛は被毛と同色かその色を帯びた白色であるもの。 長毛の色が特に淡いものを尾花栗毛と呼びます。
口向き 馬が噛んでいるハミ受けの状態。 このハミ受けが悪いと騎手の意思がうまく伝えられず、レース運びがスムーズに行きません。 こういう場合、「口向きが悪い」と言います。 硬口(かたくち…
口取り 競走の前にゲートに誘導したり、ゲート内で抑えるために口をとることも口取りと言いますが、一般的には勝った馬がウイナーズ・サークルあるいは馬場内で行う記念撮影のことを指します。
口取り式 勝った馬と騎手、その関係者が一緒にウイナーズサークルで行う記念撮影。
口籠 馬の口につける籠のこと(リップネット)。 寝藁(ワラ)を食べたりする採食の異常な馬に使います。 食いのいい馬が定量以上に飼葉を食べるため、それを制限するために使う場合もあります。 …
黒鹿毛 馬の毛色の一種。 被毛、長毛ともに黒色で濃度も濃く、おおむね馬体全体の3分の2以上に及びます。 眼の周囲、口辺、腋間、下腹及び股間などは帯褐色。
首の上げ下げ 2頭以上の馬が、ほぼ同時にゴールした時に使われる言葉。 首が上がっているか、下がっているかは着差に微妙な影響を与え、通常、首が下がっている方が有利になります。
首差し 「首差しのいい(悪い)馬」などと言うように、首のつき具合、状態のこと。 競走馬の推進力は首の方向と密接な関係にあり、首のつき方や首の形は能力に大きく影響すると言われています。 また、…
食い 飼葉食いのことで、カイ食いとも言います。 単に「食いがいい(悪い)」という方が一般的です。 「食いが悪い」「食いが細い」「食いが上がる」などはカイ食いが順調でないことを言いますが、そ…
癖馬 馬自体が何らかの癖を持っているという言葉ではなく、レースや調教でまともに走らない馬をこう呼んでいます。 ゲートで膠着して出ない馬、直線走路で内にササッたり、外にヨレたりする馬、またコーナー…
用語 説明
 
Top
競馬バンク 競馬用語集