競馬バンク 騎手の名言一覧

騎手の名言一覧(ランダム表示)

騎手の名言一覧

大西直宏

  • 一番人気はいらない。欲しいのは一着。

河内洋

  • 強い馬を より強く見せて勝つのが騎手。

福永祐一

  • 一番いて欲しくない馬が前にいましたね
  • これで少しは親父に近ずけたかなと思います
  • やったと思いましたけどね。(勝ったのが)容輔ですからね、まぁ良しとしましょう

小島太

  • こんなに追ったの初めて
  • 引退?何のこと?最近やっと、淀の馬場が分かりかけてきたんだから…。
  • ダービーのときは、死んでもいいくらいのつもりで乗りにいった…。ダービーはそれくらいの価値があるレースだ。

武豊

  • 勝利の方程式をつかんだ?道を究めた?そんなこと、思ったこともない。デビュー以来3500勝したけれど、出走回数は1万7000回以上。勝率にしたら2割に満たない。負けた数のほうがはるかに多い。
  • 競馬に勝って勝負に負けた
  • 競馬の神様はいつも少しだけ僕に優しい。
  • ゴールの瞬間、まるでサイレンススズカが後押しをしてくれたようでした。
  • テイオーに勝てると思っていた自分が恥ずかしい

保田隆芳

  • やはり勝つべくして勝つことが、本当に快心のレースというのじゃないですか。
  • よく馬に乗るのには、馬の気性に乗れといいますね。

高橋亮

  • 僕の記念日にはいつも祐一がいました

安藤勝己

  • どう乗ろうと勝てなければ叩かれる。だったら自分の思ったように乗る。人の顔色を伺うような騎乗はしたくなかった。
  • 走る馬は馬鹿、ダイワスカーレットはお馬鹿だった
  • 走る馬を賢い馬なんていうけど、本当に賢い馬は全力で走ってもいいことがないから、手を抜いて走っていますよ。走る馬っていうのは馬鹿、そういう意味ではディープインパクトは相当馬鹿。
  • 自分の騎乗が気に入らなければ降ろしてもらえばいい。プロなんだから。

吉田豊

  • そんな馬、隅っこ走ってりゃいいんだよ

岩田康誠

  • 幸せな三週間でした

熊沢重文

  • 馬の縦髪にステッキが絡まって、追えなかった

蛯名正義

  • これ以上はない仕上げで、前を追い過ぎず 、離され過ぎず、競馬も完璧だった。本当に、 このレースだけに悔しい。
  • 馬の名誉のために言っておくが、故障しなかったら勝っていた
  • 影さえも、踏めなかった。

西浦勝一

  • してやったりですね

藤田伸二

  • 藤田が18人で競馬すれば審議は無くなる

中野栄治

  • 武豊が何だ、横山がどうした。俺は、ヤツらが幼稚園に行ってる頃からダービーを見て、馬にまたがっていたんだ。
  • 借金してでも金かき集めてアイネスフウジンを一番人気にしたかった…。

増沢末夫

  • ただ一つ言えることは、どこで、どんなレースに乗っても、手綱は一緒ということだよ。

和田竜二

  • 強いものが勝つのではない。勝ったものが強いのだ。
  • 「流れはオレたちの世代」と自分に言い聞かせてレースに臨みました。
  • オペラオーにはたくさんの物を貰ったが、あの馬には何も返せなかった。 これからは一流の騎手になって、オペラオーに認められるようになりたい。

岡部幸雄

  • 本気で走ったのは100mぐらいだけ。軽く勝ちました。
  • もう、いまさら目標なんてありませんし、まあこれからも頑張ります。
  • 原則として私は乗る馬の選択に関しては妥協はしない。強いと信じた馬の背に上がるチャンスを逃してまで恩義や人情を立てることをしない。

的場均

  • 僕とライスはずっと悪役だった。でもこの馬も、すごく人に感動を与えたんだな。

後藤浩輝

  • ありがとうございますベイベー

内田博幸

  • この馬も名馬です

横山典弘

  • 覚悟はしていたけど、もう別の馬になってしまったね…。
  • 最高です。一番強い馬(ナリタブライアン)を負かしてやったわけですからね。本物のG1を勝った気分です。
  • この馬にまたがった瞬間、俺はダービーを取れると確信した。

中島啓之

  • このレースだけは、騎手の名誉だから

吉田稔

  • 血の気が引いて、しばらくは歩く事が出来なかった。

本田優元

  • 騎手が下手だったと書いてくれて結構です。

南井克巳

  • (涙は)オグリの根性に感動して…。負けてたら、もう俺はなかった。それをオグリが救ってくれた。
Top
競馬バンク 騎手の名言一覧