競馬バンク 競馬用語集 馬体の意味

馬体の意味

競馬用語集( 馬体 )

用語
馬体
説明

競走馬の体全体のこと。

競走馬の馬体は各部位が細かく分類されています。

それぞれ呼び名があり、その馬のデキを言い表す時には、部位ごとの名称または俗称を用います。

関連用語

用語 説明
発汗 汗をかくこと。 馬はイレこむと汗をかきやすく、パドックで汗を流す、または汗の跡が残っている馬は興奮していると判断できます。
馬場状態 競走馬がレースを行う馬場の状態を、含水量を基に表したもの。 芝・ダートとも良(りょう)、稍重(ややおも)、重(おも)、不良(ふりょう)の4つに分けられ、順に含水量の多い状態となります。 …
歯がわり 馬の歯が乳歯から永久歯に生え変わること。 馬の歯は切歯、犬歯、臼歯からなりますが牝馬には通常犬歯がありません。 人間と同じで乳歯が永久歯に抜け替わることを「歯がわり」と言いますが、3…
馬群 レースで何頭かの競走馬が密集して走行している様子のこと。
払い戻し 的中した馬券をお金に換金すること。
晩成 比較的活躍する時期が遅い競走馬のこと。「奥手」とも。
ハナに立つ レースで先頭に立つこと。
肌馬 繁殖牝馬を指す俗称。 厩舎関係者の間では「この馬の肌は…」と使われることも多く、単に「肌(はだ)」というのも同じ意味です。
ハナ 「ハナを切る」とか「ハナに立つ」と使われるようにレース上での先頭という意味。 また着差を表すハナは一番小さい着差で「ハナ差」とか「ハナの差」といい、写真判定になります。
バタバタ レースや調教で馬の余力がなくなった状態。 「終いがバタバタだった」などのように使われます。 →「バテる」と同義。
用語 説明
 

競馬用語集

Top
競馬バンク 競馬用語集 馬体