競馬バンク 競馬用語集 重いの意味

重いの意味

競馬用語集( 重い )

用語
重い
説明

馬体い」とよく使われるが、っくるしいという意味。

素軽さがないということで、「動きがい」とも言います。

が増えて目方がいときも同じように「い」という言葉が使われていますが、前後の内容とニュアンスで使い分けられています。

似た言葉に「太い」というものがありますが、これはあくまで外見上太く見えるということで、馬体が絞り切れない状態のことを指します。

関連用語

用語 説明
オーバーシード 野芝の上に洋芝の種をまいたもの。 競馬場の芝コースは野芝が張られているが、秋以降になると枯れ、道悪での競馬があると傷みも激しくなるため、この野芝の上に冬場に強い洋芝の種をまき、冬期でも緑の…
馬場状態を表す言葉の1つ。 「不良」まではいかないが、馬場が悪くなっている状態。
追い込み 馬の脚質の一種。 最後の直線を向くまでは馬群の後方に待機して力を溜め、直線に入った時に一気にスパートすること。 レースの前半は隊列の後方に位置して直線で先行馬に迫るタイプの戦法を追い…
尾花栗毛 馬の毛色の一種。 栗毛の中で前髪、たてがみ、尾の先などが白いもので、尾がススキの穂(尾花)のように見えるためこう呼ばれます。
おかぐら 馬の耳は普通はピンと立っているものだが、横に垂れている馬もたまに見かけます。 これが神楽舞の獅子の耳に似ていることから、おかぐら耳といわれるようになりました。 耳のつけ根にゆるみがあ…
横断幕 パドックに張られる馬や騎手を応援する幕。 競馬場の専用受付で許可をもらうことで張り出す事が出来ます。
抑える 馬が行きたがるのを、手綱を絞ってセーブすること。 レースでは、最初から全力で走ると最後までもたないので、抑えることができるかどうかが騎手の腕にかかっています。 また、調教でも「抑え気…
追い込み馬 スタートしてから後方の位置で走行し、最後の直線で一気にスパートする競走馬のこと。 →「追い込み」と同義語。
オープン競走 特に決められた条件のない限り、すべての馬が出走できるレース。 ただし、能力の差が大きすぎる馬同士では走る前から勝敗は歴然としているので、下位条件の馬は出走できないような条件づけがなされてい…
オーナーブリーダー 馬の生産者であり馬主でもある人。 もともと生産者である人が、馬を他人に売らず走らせるようになった馬主もいますが、馬主がよりよい馬を安く手に入れるという目的で生産牧場をもつというケースも多く…
用語 説明
 

競馬用語集

Top
競馬バンク 競馬用語集 重い