競馬バンク 競馬用語集 おかぐらの意味

おかぐらの意味

競馬用語集( おかぐら )

用語
おかぐら
説明

馬の耳は普通はピンと立っているものだが、横に垂れている馬もたまに見かけます。

これが神楽舞の獅子の耳に似ていることから、おかぐら耳といわれるようになりました。

耳のつけ根にゆるみがあり力強さはないが、「お神楽にソツなし」と言って喜ぶ人もいるように馬の能力に関係ありません。

昭和48年、オークス馬となったナスノチグサがこの耳でした。

ちなみに、フランスでは「ジェベルの耳」と呼んでいます。

関連用語

用語 説明
横断幕 パドックに張られる馬や騎手を応援する幕。 競馬場の専用受付で許可をもらうことで張り出す事が出来ます。
おいでおいで 騎手が後ろを振り向いて後続馬との間隔を見定めるほどの余裕のある勝ちっぷりのことで、他馬をまったく問題にしないで楽に勝つこと。
オッズ 馬券の概算払い戻し率のこと。 競馬場の掲示板や場内テレビなどに示されている数字がそれで、トータリゼーターシステムのコンピューターに直結されています。 例えば、オッズが「12.4」で的中し…
追い込み馬 スタートしてから後方の位置で走行し、最後の直線で一気にスパートする競走馬のこと。 →「追い込み」と同義語。
折り合い 馬と騎手の呼吸を示す言葉。 呼吸が合っている状態を「折り合いがいい」、逆に騎手が抑えようとしているのに馬が行きたがっているような状態を「折り合いが悪い」「折り合いを欠く」と言います。 人…
尾花栗毛 馬の毛色の一種。 栗毛の中で前髪、たてがみ、尾の先などが白いもので、尾がススキの穂(尾花)のように見えるためこう呼ばれます。
大外 レースで一番外側を走っていること。
馬場状態を表す言葉の1つ。 「不良」まではいかないが、馬場が悪くなっている状態。
重い 「馬体が重い」とよく使われるが、重っくるしいという意味。 素軽さがないということで、「動きが重い」とも言います。 体重が増えて目方が重いときも同じように「重い」という言葉が使われています…
置き障害 障害コースには固定された障害が設置されていますが、これとは別に障害レースの時だけ平地のコースに置く障害のことを指します。 また、片面竹柵、両面竹柵があり(一部は高さを変えることができる可動式障…
用語 説明

競馬用語集

Top
競馬バンク 競馬用語集 おかぐら