競馬バンク 競馬用語集 オーバーシードの意味

オーバーシードの意味

競馬用語集( オーバーシード )

用語
オーバーシード
説明

の上に洋の種をまいたもの。

競馬場のコースは野が張られているが、秋以降になると枯れ、道悪での競馬があると傷みも激しくなるため、この野の上に冬場に強い洋の種をまき、冬期でも緑の生で競馬が出来るようにしています。

このオーバーシードは、1991年の阪神競馬場から開始され、現在、冬期に競馬の行われる競馬場で実施されています。

関連用語

用語 説明
お手馬 いつも同じ騎手が調教し、またレースに騎乗していて、その馬の癖や性格など熟知している馬のこと。 「お手馬手綱いらず」という言葉があるくらいで、これは安心してみていられる馬と騎手との関係を表してい…
追い切り レースの直前の週に行われる実戦に近い調教で、この追い切りという言葉には多分に一杯に追うという意味合いもあります。 一般的に長いもので1600メートルまでで、通常、1200メートルで最後の3ハロ…
追い込み 馬の脚質の一種。 最後の直線を向くまでは馬群の後方に待機して力を溜め、直線に入った時に一気にスパートすること。 レースの前半は隊列の後方に位置して直線で先行馬に迫るタイプの戦法を追い込み…
親子丼 ひとつのレースで同じ厩舎、または同じ馬主の馬が1、2着を独占することをいう。 一般に「〇〇(厩舎または馬主の名前)の親子丼」というように使われています。
馬場状態を表す言葉の1つ。 「不良」まではいかないが、馬場が悪くなっている状態。
重い 「馬体が重い」とよく使われるが、重っくるしいという意味。 素軽さがないということで、「動きが重い」とも言います。 体重が増えて目方が重いときも同じように「重い」という言葉が使われています…
大穴 大きな配当のこと。 元来は予想外の欠損という意味ですが、賭事においては予想外の結果という意味が生じ、競馬では人気のない馬が勝って、高配当になった場合を指します。
抑える 馬が行きたがるのを、手綱を絞ってセーブすること。 レースでは、最初から全力で走ると最後までもたないので、抑えることができるかどうかが騎手の腕にかかっています。 また、調教でも「抑え気味に…
おいでおいで 騎手が後ろを振り向いて後続馬との間隔を見定めるほどの余裕のある勝ちっぷりのことで、他馬をまったく問題にしないで楽に勝つこと。
おかぐら 馬の耳は普通はピンと立っているものだが、横に垂れている馬もたまに見かけます。 これが神楽舞の獅子の耳に似ていることから、おかぐら耳といわれるようになりました。 耳のつけ根にゆるみがあり力…
用語 説明

競馬用語集

Top
競馬バンク 競馬用語集 オーバーシード