競馬バンク 競馬用語集 馬連の意味

馬連の意味

競馬用語集( 馬連 )

用語
馬連
説明

正式には「馬番連勝複式馬券」と言います。

1・2着の馬の組合せを着順に関係なく当てる馬券で、8頭以下の頭数立てのレースの時には発売されません。

また、拡大馬連であるワイドに対して「普通馬連」とも言います。

関連用語

用語 説明
ウインズ 場外馬券場のこと。競馬場以外で馬券を購入できる場所
馬の温泉 温泉を利用して馬の疾病を治療するための施設。 福島県いわき市のJRA競走馬総合研究所常磐支所が有名で、ここには馬のプールもあり、故障馬の休養、トレーニングに多くの馬が利用しています。 …
上積み 馬の成長または良化を指す言葉。 前のレースよりも力が出せると見られる場合、「上積みがある」と言います。
馬単 正式には「馬番連勝単式馬券」と言います。 1・2着の馬を着順通りに当てる馬券で、単純に考えれば馬連の2倍の配当となるが、人気の高い方が1着の場合は2倍までいかないことが多くなっています。 …
馬主 競走馬を所有している個人または団体。 中央競馬に馬を出走させようとするものは、まず馬主登録を中央競馬会にしなければいけません。 また、馬主には、個人、法人、組合の3種類があります。 …
内回り 競馬場によっては内回りと外回りの2つのコースをもっており、中山では向正面、京都、阪神、新潟では3、4コーナーにかけて内、外に分かれています。 また、中山の場合は極端に小回りになるため、京都…
馬七人三 馬が七分で人が三分ということで、競馬は馬の力だけで決まるものではなく、鞍上(騎手)の及ぼす力も三分あるという言葉。 しかし、この割合は“馬八人二”という人や、“馬六人四”という人もあり、ど…
馬っ気 牡馬が発情した状態で、馬房内や、下見所で男性のシンボルを勃起させることをいう。 下見所でこんな状態になるときは関係者が水をかけて静めたりするが、異常に興奮しているので競走能力に影響すること…
馬なり 調教やレースにおける脚いろの表し方のひとつで、騎手が追わないで馬が気のままに走っている状態のこと。 騎手が補助動作(手綱をしごいて追ったり、ステッキを入れるなど)を加えない走りぶりのことで…
馬ごみ 複数の馬が密集している状態。 馬は繊細な動物なので、レース中、馬ごみの中でもまれると神経をすり減らしてしまい力を出しきれなくなることがあります。 また、反対に、興奮している馬は、わざ…
用語 説明
 

競馬用語集

Top
競馬バンク 競馬用語集 馬連