競馬バンク 競馬用語集 放牧の意味

放牧の意味

競馬用語集( 放牧 )

用語
放牧
説明

競走馬をリフレッシュさせるために牧場で休養させること。

通常、競走馬はトレセンで生活していますが、故障の治療やリフレッシュの目的で行われます。

関連用語

用語 説明
歩様 馬の歩き方のこと。 調子のいい馬は歩様がスムーズで伸びやかだが、どこかに故障や疾患を持つ馬、疲れがたまっている馬など歩様に乱れが出ることが多い傾向にあります。
本命党 常に人気の高い、すなわちオッズの低い馬券を買う人たちのこと。
放馬 競馬場やトレセンで騎手を振り落として逸走してしまうこと。 競走当日においては返し馬のとき極度に興奮した馬が起こすことが多く、競走能力に影響することもあります。
法人馬主 会社組織(会員を集めているクラブなど)の馬主のことで、馬主を個人馬主と区別するときに用いられます。
本命 そのレースで、最も勝つ可能性があると思われている馬。 新聞やインターネットの予想欄では、「◎」という印で表されます。 1番人気の馬であることが多いですが、本命や対抗などはあくまでも個…
ボロ 馬糞のこと。 ボロの状態によって馬の健康状態をある程度チェックできます。 ボロは軟らかいのは良くなく、落ちたときに3つ4つに割れるくらいの硬さがいい状態だと言われています。 パ…
帽色 騎手がレースの時かぶるヘルメットの色のことで、枠順が分かりやすいようにそれぞれ1枠=白、2枠=黒、3枠=赤、4枠=青、5枠=黄、6枠=緑、7枠=橙、8枠=桃と決められています。 また、同枠…
本番 クラシックレースをはじめ天皇賞などの目標にする大レースを、前哨戦時、またレースの前などに「本番で…」という使い方をします。 最近では、賞金も高くなり、どのレースも目一杯のレースをする馬が多…
本馬場 実際に競馬の行われる馬場という意味で、芝コースを指します。 ローカル競馬では現在も競馬場の本馬場での調教を行うこともありますが、中央場所の場合は関東は美浦、関西は栗東のトレセンで調教が行わ…
ボックス馬券 馬券の買い方の1つ。 馬連や馬単ならば3頭以上、ワイドなら4頭以上の馬のすべての組合せを買うこと。 軸馬が決まらず、気になる馬が複数いる場合にはこの買い方が有効です。
用語 説明
 

競馬用語集

Top
競馬バンク 競馬用語集 放牧