競馬バンク 競馬用語集 馬っ気の意味

馬っ気の意味

競馬用語集( 馬っ気 )

用語
馬っ気
説明

牡馬が発情した状態で、馬房内や、下見所で男性のシンボルを勃起させることをいう。

下見所でこんな状態になるときは関係者が水をかけて静めたりするが、異常に興奮しているので競走能力に影響することが多い。

パドックの周回中に、前に牝馬が歩いていると馬っ気を出す場合があります。

ただ、比較的レース経験の浅い馬に見かける現象で、キャリアを積んだ古馬下見所で馬っ気を出すことはほとんどありません。

関連用語

用語 説明
馬道 馬の通り道のこと。 馬場、調教コースへの出入りや、馬場を横切るときなどに通る定められた道を指します。 ただ、馬専用の道でも厩舎の周りや逍遥馬道など馬の運動に使う道は馬道とは言いません。
上腹 鞍を装着するとき1本の腹帯だと鞍ズレを起こしやすいく、破損した場合は危険なので、それらの予防のために鞍の上から腹帯の上にもう1本の帯を締めています。これを上腹といいます。
上積み 馬の成長または良化を指す言葉。 前のレースよりも力が出せると見られる場合、「上積みがある」と言います。
内馬場 練習用の馬場のことを指します。 本馬場の内側に設けられていることが多いため、こう呼ばれます。 また、東京競馬場や中山競馬場ではダートコースの内側にあり、通常、砂のコースになっており調…
ウラスジ 屈腱(深屈腱、浅屈腱)のこと。 脚の裏側にあるスジということで言われる言葉です。 「ウラスジがもやもやして」とか、「ウラスジに熱をもって」など関係者の間でよく使われています。
馬ごみ 複数の馬が密集している状態。 馬は繊細な動物なので、レース中、馬ごみの中でもまれると神経をすり減らしてしまい力を出しきれなくなることがあります。 また、反対に、興奮している馬は、わざ…
馬番 競走馬がレースでつけているゼッケン番号のこと。 この番号の若い順(1、2、3……)がインコースからのゲートの順でもあり、枠番とは異なることもあります。
内回り 競馬場によっては内回りと外回りの2つのコースをもっており、中山では向正面、京都、阪神、新潟では3、4コーナーにかけて内、外に分かれています。 また、中山の場合は極端に小回りになるため、京都…
馬連 正式には「馬番連勝複式馬券」と言います。 1・2着の馬の組合せを着順に関係なく当てる馬券で、8頭以下の頭数立てのレースの時には発売されません。 また、拡大馬連であるワイドに対して「普…
馬七人三 馬が七分で人が三分ということで、競馬は馬の力だけで決まるものではなく、鞍上(騎手)の及ぼす力も三分あるという言葉。 しかし、この割合は“馬八人二”という人や、“馬六人四”という人もあり、ど…
用語 説明
 

競馬用語集

Top
競馬バンク 競馬用語集 馬っ気