競馬バンク 競馬用語集 ひと叩きの意味

ひと叩きの意味

競馬用語集( ひと叩き )

用語
ひと叩き
説明

目標とするレースの前に、別のレースに1度出走すること。

本番前のひと叩き」「休養明けのひと叩き」のように使われます。

関連用語

用語 説明
飛節 馬の後肢の関節。 人間とは逆に前に折り曲がります。
ビギナーズラック 競馬の初心者が何もわからずに買った馬券が的中すること。
ヒモ 連対馬のことで、2着にくる馬、あるいは本命馬にくっついてくる馬をいう。 「ヒモ探し」「ヒモに狙える」「ヒモが狂った」など2着馬という意味で使われます。
平場 一般競走のことで、特別レース以外の条件戦を言います。 同じ条件レースでも特別レースに比べ賞金も安く、メンバーも手薄ということで格下のレースと見られがちです。
飛越 障害レースで、馬が障害物を飛び越えること。
引っ掛かる 騎手と馬の折り合いがつかず、馬が先へ行きたがる状態。 騎手と馬が折り合っていない走りっぷりで、レースでこういう状態になると能力に影響することが多いです →「掛かる」と同義。
牝系統 母馬の血統の総称を母系、牝系、あるいは牝系統と言っています。 「この馬の牝系は○号族」「この馬の母系には○○○○(有名種牡馬)の血が入っている」などと母馬の血筋を表すときに使われます。 …
曳き運動 厩務員が馬を引っ張って行う運動。 乗り運動と同じように競走馬にとって欠かすことのできないトレーニングのひとつ。 朝の乗り運動や調教の前後、また午後の乗り運動の前後など休みの日以外は毎…
鼻出血 鼻血のこと。 馬は口で呼吸ができないので、鼻出血を起こすと競走能力が著しく低下します。 鼻出血を起す原因はよくわかっていません。 また、鼻出血は習慣性になりやすいため、レース中…
馬の球節の下で人間の中指1本に当たり、爪のようにみえる部位。 昔から「蹄なければ馬なし」と言われるように、蹄は馬体を支える基礎で、運動上もっとも大切な部分です。 そのため、削蹄、装蹄…
用語 説明
 

競馬用語集

Top
競馬バンク 競馬用語集 ひと叩き