競馬バンク 競馬用語集 一本かぶりの意味

一本かぶりの意味

競馬用語集( 一本かぶり )

用語
一本かぶり
説明

出走馬のうちで馬券の売り上げが極端に多くなる馬のことを「一本にかぶる」というように、断然人気になった馬のことを指す。

また連勝の組み合わせでも強力な馬が2頭いてその組み合わせだけが売れるようなときも「一本かぶり」「一本にかぶった」などと使われます。

関連用語

用語 説明
育成牧場 育成牧場は、牧場で生産された馬が競走馬としての基礎的訓練や調教をする牧場。 大きな生産牧場では育成のための施設も備えているが、小規模の生産牧場では調教コースなどを持てないため、生産地に育成…
1完歩 1完歩は、馬の歩幅のことを指します。 走っているときの1完歩は7~8メートルと言われています。 この完歩の大きさとピッチでその馬のスピードがわかりますが、調子のいい時ほど完歩は大きく…
1馬身 1馬身は、馬の体が伸び切った姿勢で鼻端から臀端までの長さを言います。 長さは馬格によって異なりますが、普通は240~250センチとされています。 また、着差を表す競馬ならではの単位で…
一杯になる 馬の脚色が衰え、もう伸びなくなったときに使われる言葉。 「4コーナー過ぎでもう一杯だった」などと使われます。
インブリード 近親交配のことで、血統の5代前までに同一の祖先(種牡馬)をもっている配合のこと。 サラブレッドを生産する場合、意識的に近親交配を行うケースもあります。 近親馬であることを表記するとき…
1番人気 単勝馬券が一番売れている競走馬のこと。
行ったきり 逃げ馬がそのまま勝ってしまうことで逃げ切りとほとんど同じ意味。 行ったままともいうが、2着馬も逃げた馬について行ったとき、レースそのものについて「行った行った」のレースといい、行ったきりの…
逸走 決められた走路から大きく外れて走ること。 内コースと外コースに分かれているところで逸走するケースが多いが、決められたコース内でもラチ沿いまで飛んでいくような場合は「逸走した」という。 …
一般競走 →「一般レース」と同義。 特別レース以外の競走。 「新馬」「未勝利」をはじめ「4歳以上〇〇万円以下」などのことで、平場戦とも。 斤量の定められた特別競走と違って見習い騎手の減量…
行った行った 前に行った2頭がそのまま1・2着した場合、「行った行ったのレース」と呼ぶ。 逃げ馬は人気薄のことが多く、行った行ったで決まったレースは高配当になりやすい。
用語 説明
 

競馬用語集

Top
競馬バンク 競馬用語集 一本かぶり