競馬バンク 競馬用語集 息を入れるの意味

息を入れるの意味

競馬用語集( 息を入れる )

用語
息を入れる
説明

最後の直線で伸びるために途中でペースを落とすこと。

息が入らなかった馬は、最後の直線で思うように伸びきれずに終わることが多い。

また、レース間隔を開けることをひと息入れると言いますが、使い込んでいて疲れを取るときやリフレッシュを図るときで、故障で休養するときには使われません。

また息が入るという場合はレースや調教の後、息の上がった状態から、通常の呼吸の状態に戻ることで、「息の入りがいい」というように使われます。

関連用語

用語 説明
一般レース 特別レース以外の競走。 「新馬」「未勝利」をはじめ「4歳以上〇〇万円以下」などのことで、平場戦とも。 斤量の定められた特別競走と違って見習い騎手の減量の恩典のあるレースでもあります。
1完歩 1完歩は、馬の歩幅のことを指します。 走っているときの1完歩は7~8メートルと言われています。 この完歩の大きさとピッチでその馬のスピードがわかりますが、調子のいい時ほど完歩は大きく…
一杯に追う 手綱をしごき、全力で走らせること。 レースでも調教でも使われる言葉。
行った行った 前に行った2頭がそのまま1・2着した場合、「行った行ったのレース」と呼ぶ。 逃げ馬は人気薄のことが多く、行った行ったで決まったレースは高配当になりやすい。
一杯になる 馬の脚色が衰え、もう伸びなくなったときに使われる言葉。 「4コーナー過ぎでもう一杯だった」などと使われます。
行ったきり 逃げ馬がそのまま勝ってしまうことで逃げ切りとほとんど同じ意味。 行ったままともいうが、2着馬も逃げた馬について行ったとき、レースそのものについて「行った行った」のレースといい、行ったきりの…
インブリード 近親交配のことで、血統の5代前までに同一の祖先(種牡馬)をもっている配合のこと。 サラブレッドを生産する場合、意識的に近親交配を行うケースもあります。 近親馬であることを表記するとき…
1番人気 単勝馬券が一番売れている競走馬のこと。
イン インコースの略。 最後の直線で内側を走ると「インをつく」と言われます。 通常追い込む場合は前の馬の外側を通るが、内側から交わしていくとき「インを突く」「インをスクう」などというようにコース…
一本かぶり 出走馬のうちで馬券の売り上げが極端に多くなる馬のことを「一本にかぶる」というように、断然人気になった馬のことを指す。 また連勝の組み合わせでも強力な馬が2頭いてその組み合わせだけが売れるよ…
用語 説明
 

競馬用語集

Top
競馬バンク 競馬用語集 息を入れる