競馬バンク 競馬用語集 息を入れるの意味

息を入れるの意味

競馬用語集( 息を入れる )

用語
息を入れる
説明

最後の直線で伸びるために途中でペースを落とすこと。

息が入らなかった馬は、最後の直線で思うように伸びきれずに終わることが多い。

また、レース間隔を開けることをひと息入れると言いますが、使い込んでいて疲れを取るときやリフレッシュを図るときで、故障で休養するときには使われません。

また息が入るという場合はレースや調教の後、息の上がった状態から、通常の呼吸の状態に戻ることで、「息の入りがいい」というように使われます。

関連用語

用語 説明
逸走 決められた走路から大きく外れて走ること。 内コースと外コースに分かれているところで逸走するケースが多いが、決められたコース内でもラチ沿いまで飛んでいくような場合は「逸走した」という。 …
一般レース 特別レース以外の競走。 「新馬」「未勝利」をはじめ「4歳以上〇〇万円以下」などのことで、平場戦とも。 斤量の定められた特別競走と違って見習い騎手の減量の恩典のあるレースでもあります。
一杯に追う 手綱をしごき、全力で走らせること。 レースでも調教でも使われる言葉。
行った行った 前に行った2頭がそのまま1・2着した場合、「行った行ったのレース」と呼ぶ。 逃げ馬は人気薄のことが多く、行った行ったで決まったレースは高配当になりやすい。
1番人気 単勝馬券が一番売れている競走馬のこと。
イレ込む イレる、またはじれるともいわれ、馬が興奮したり、何かに気を使って落ち着きのない状態のこと。 こういっ た馬はレースの始まる前(装鞍所、パドック、返し馬など)にスタミナを無くし、またゲートの…
1完歩 1完歩は、馬の歩幅のことを指します。 走っているときの1完歩は7~8メートルと言われています。 この完歩の大きさとピッチでその馬のスピードがわかりますが、調子のいい時ほど完歩は大きく…
1馬身 1馬身は、馬の体が伸び切った姿勢で鼻端から臀端までの長さを言います。 長さは馬格によって異なりますが、普通は240~250センチとされています。 また、着差を表す競馬ならではの単位で…
育成牧場 育成牧場は、牧場で生産された馬が競走馬としての基礎的訓練や調教をする牧場。 大きな生産牧場では育成のための施設も備えているが、小規模の生産牧場では調教コースなどを持てないため、生産地に育成…
一杯になる 馬の脚色が衰え、もう伸びなくなったときに使われる言葉。 「4コーナー過ぎでもう一杯だった」などと使われます。
用語 説明
 

競馬用語集

Top
競馬バンク 競馬用語集 息を入れる