競馬バンク 競馬用語集 蹄鉄の意味

蹄鉄の意味

競馬用語集( 蹄鉄 )

用語
蹄鉄
説明

馬のに取り付ける鉄板の総称。

調教時や通常時の運動のときに使われる平常鉄やレース時に使われる勝負鉄の質が悪い馬に通常時とレース時兼用で使われる兼用鉄などがあります。

この兼用鉄は、アルミニウム合金材から造られ競走前後の打替を必要としません。

そのため、現在ではほぼ100%の競走馬が使用しています。

関連用語

用語 説明
テキ 調教師を指す言葉。 昔は調教師が騎手を兼ねていたことから、「騎手」を下から読んで「テキ」と呼ばれた。
DDSP(軟口蓋の背方変位) 喉頭口前方にある軟口蓋が喉頭口付近に変位することにより、呼吸を阻害する病気。 呼吸時に軟口蓋が揺れることにより「ゴロゴロ」などの異常音を発することが多く、喉頭片麻痺(一般的にいわれる喘鳴症…
出ムチ スタート直後にダッシュするために使うムチ。 他馬に先行したい場合や気合いを付けたい時などに使われます。
鉄砲 鉄砲使いとも言いますが、長い間故障などで休養していた馬を出走させること。 休養明けの出走にもかかわらず好成績を上げる馬を「鉄砲が利く」と言います。 また、休養明けの馬の仕上げが特にう…
展開 レースの流れ(ペース、出走馬の馬順)のこと。
蹄葉炎 肢に故障を発症し動けない状態で、他の肢で長時間負重し続けると蹄の内部の血液循環が阻害され、蹄の内部に炎症を起こし激しい疼痛を伴う病気。 馬は奇蹄類(蹄が一つ)であるため病勢の進行を止めるこ…
鉄砲使い 休養明け初戦。「ポン」とも。 ここで好成績をおさめると「鉄砲が利く」「ポン駆けが利く」などと言われます。
手の内に入れる 騎手が、その馬の性格や脚質などを熟知した状態。 手の内に入れた馬を「お手馬」といい、「お手馬手綱いらず」という言葉もあります。
手がわり レースにおいて、それまで乗っていた騎手から他の騎手に替わることで、乗り替わりとも言います。 また、担当厩務員が替わることを指すこともあります。 →「乗り替わり」と同義。
出目 連勝式馬券における組み合わせの番号(数字)のことを「目」と言い、どんな目が出るかを「出目」と言います。 枠番連勝なら1-1から8-8まで、馬番連勝だと1-2から17-18までの数字というこ…
用語 説明
 

競馬用語集

Top
競馬バンク 競馬用語集 蹄鉄