競馬バンク 競馬用語集 天神乗りの意味

天神乗りの意味

競馬用語集( 天神乗り )

用語
天神乗り
説明

騎手の騎乗フォームのひとつで、を長くして乗る日本独特の乗り方。

騎手の体が馬の背中に直接かかるため、スピードがあまり出ず、騎乗姿勢が安定するので障害レースに向いています。

反対にを短くして乗る乗り方を「モンキー乗り」と言います。

ちなみに、現在は中央地方を問わずほとんどの騎手モンキー乗りで、天神乗りは見かけなくなりました。

関連用語

用語 説明
鉄砲 鉄砲使いとも言いますが、長い間故障などで休養していた馬を出走させること。 休養明けの出走にもかかわらず好成績を上げる馬を「鉄砲が利く」と言います。 また、休養明けの馬の仕上げが特にう…
蹄葉炎 肢に故障を発症し動けない状態で、他の肢で長時間負重し続けると蹄の内部の血液循環が阻害され、蹄の内部に炎症を起こし激しい疼痛を伴う病気。 馬は奇蹄類(蹄が一つ)であるため病勢の進行を止めるこ…
テン 「テンが速い」「テンから追う」と言うように、よく使われる競馬用語で、最初、初めてという意味合いを持ちます。 使い方はいろいろあり、「テンが速い」と言えば「スタート直後のスピードが速いこと」…
出ッパ 発馬のことで「出ッパが悪い」といえばゲートの出の遅い馬や、二の脚のつかない馬のことで、逆に素早く飛び出す馬を「出ッパがいい」と言います。
蹄叉腐爛 蹄叉の角質が腐って、その中溝や測溝に悪臭のある汚物、汚汁のあるものをいう。 この病気がひどくなると跛行したり他の蹄病の誘因となります。 原因としては、厩舎や放牧場の不潔、蹄の手入れ不…
展開 レースの流れ(ペース、出走馬の馬順)のこと。
鉄板 1番、2番人気でほぼ100%決まるだろうと思われるレースのこと。 「銀行レース」とも呼ばれます。
手の内に入れる 騎手が、その馬の性格や脚質などを熟知した状態。 手の内に入れた馬を「お手馬」といい、「お手馬手綱いらず」という言葉もあります。
手がわり レースにおいて、それまで乗っていた騎手から他の騎手に替わることで、乗り替わりとも言います。 また、担当厩務員が替わることを指すこともあります。 →「乗り替わり」と同義。
蹄鉄 馬の蹄に取り付ける鉄板の総称。 調教時や通常時の運動のときに使われる平常鉄やレース時に使われる勝負鉄、蹄の質が悪い馬に通常時とレース時兼用で使われる兼用蹄鉄などがあります。 この兼用…
用語 説明
 

競馬用語集

Top
競馬バンク 競馬用語集 天神乗り