競馬バンク 競馬用語集 馬七人三の意味

馬七人三の意味

競馬用語集( 馬七人三 )

用語
馬七人三
説明

馬が七分で人が三分ということで、競馬は馬の力だけで決まるものではなく、上(騎手)の及ぼす力も三分あるという言葉。

しかし、この割合は“馬八人二”という人や、“馬六人四”という人もあり、どちらにどのくらいの比を置くかは人それぞれ違います。

関連用語

用語 説明
馬主 競走馬を所有している個人または団体。 中央競馬に馬を出走させようとするものは、まず馬主登録を中央競馬会にしなければいけません。 また、馬主には、個人、法人、組合の3種類があります。 …
上腹 鞍を装着するとき1本の腹帯だと鞍ズレを起こしやすいく、破損した場合は危険なので、それらの予防のために鞍の上から腹帯の上にもう1本の帯を締めています。これを上腹といいます。
ウイナーズサークル 優勝馬の表彰や記念撮影などを行う区画。
ウラスジ 屈腱(深屈腱、浅屈腱)のこと。 脚の裏側にあるスジということで言われる言葉です。 「ウラスジがもやもやして」とか、「ウラスジに熱をもって」など関係者の間でよく使われています。
ウインズ 場外馬券場のこと。競馬場以外で馬券を購入できる場所
裏開催 中央場(東京、中山、阪神、京都)で開催されている時に、同時に行われるローカル開催(福島、新潟、中京、小倉)を指します。 しかし、札幌、函館は北海道開催といって中央開催と同時期に行われても裏開催…
内回り 競馬場によっては内回りと外回りの2つのコースをもっており、中山では向正面、京都、阪神、新潟では3、4コーナーにかけて内、外に分かれています。 また、中山の場合は極端に小回りになるため、京都、阪…
馬道 馬の通り道のこと。 馬場、調教コースへの出入りや、馬場を横切るときなどに通る定められた道を指します。 ただ、馬専用の道でも厩舎の周りや逍遥馬道など馬の運動に使う道は馬道とは言いません。
馬なり 調教やレースにおける脚いろの表し方のひとつで、騎手が追わないで馬が気のままに走っている状態のこと。 騎手が補助動作(手綱をしごいて追ったり、ステッキを入れるなど)を加えない走りぶりのことで、「…
馬番 競走馬がレースでつけているゼッケン番号のこと。 この番号の若い順(1、2、3……)がインコースからのゲートの順でもあり、枠番とは異なることもあります。
用語 説明

競馬用語集

Top
競馬バンク 競馬用語集 馬七人三