競馬バンク 競馬用語集 ダートコースの意味

ダートコースの意味

競馬用語集( ダートコース )

用語
ダートコース
説明

コースを主体に行われていた日本競馬ですが、そのコースを保護するために造られたコースで、表面は砂が使われています。

アメリカのダートコースの構造を参考資料として造られたもので、昭和36年(1961年)2回東京戦からダートコースの競馬が行われるようになりました。

その後、各競馬場にダートコースが造られ、中央場所の中山、京都、阪神はもちろん、砂コースだった札幌もダートコースに変わり、他のローカル競馬場の全てにも造られています。

また、ダートコースで好成績を上げる馬を「ダート馬」と言い、スピードよりパワーの勝った馬で、馬格血統に負うところが大きい傾向にあります。

一般的に、同じ距離でもコースよりタイムが掛かります。

関連用語

用語 説明
ダク 馬の歩き方の1つ。 速歩のことで、コースでの攻め馬の場合、キャンターに入る前に予備運動として1周くらいダクで回ることが多い。 パドックから馬場に出てきた時やレース終了後の返し馬でよく見ら…
帯同馬 遠征馬(重賞レースや目標にしているレースに関西馬なら関東に、関東馬なら関西に行く)と一緒についていく馬のこと。 遠征馬が寂しがる場合や遠征馬と帯同馬の担当厩務員が同じなど、厩舎関係の都合で連れ…
ダークホース 人気のない馬のことを指しますが、本来は、能力のよく分からない馬という意味で使われていました。 人気馬を負かす可能性のある馬のことで、穴馬とほとんど同じ意味合いで使われています。 一般社会…
単勝式 一般に「単勝」といっているが、1着馬を当てる馬券(勝馬投票券)のこと。 昔は馬券といえば単勝と複勝だけでしたが、連勝式ができてからは配当面で魅力がなく、売り上げも極端に少ない時代がありました。…
ターフビジョン 競馬場にある大きなディスプレイのこと。
叩く 競馬用語としての叩くには、「騎手がムチで叩く」場合と「レースで走らせる」の2種類の意味があります。 後者の場合は、休み明けの馬が目標とするレースの前に実戦感覚を取り戻す意味で出走する場合に用い…
溜める 最後の直線で力を出し切れるように道中、余力を残しておくこと。
手綱 騎手の意思を馬に伝えるための綱。 スピードを出したい時には手綱を緩め、抑えたい時には手綱を絞る(引っ張る)。 自動車のハンドルの役目をしています。
タイムオーバー 1着馬のタイムよりも芝で4秒、ダートで5秒を超えて入線すること。 競馬施行規程で定められており、1ヶ月間の出走停止となります。 ただし、大きな不利を被った場合など、裁決委員がやむを得ない…
高本式 競馬は「走る前から結果がわかっている」と仮定して予想する方法。 競馬には、さまざまな予想方法がありますが、通常はどんな予想でも走ってみなければ結果がわかりません。 それに対し、高本式はあ…
用語 説明

競馬用語集

Top
競馬バンク 競馬用語集 ダートコース