競馬バンク 馬に使われる道具・馬具一覧 バンデージの効果や特徴とは

バンデージの特徴

バンデージ

バンデージ

馬具名
バンデージ
特徴・効果

バンデージは、肢巻(しまき)とも呼ばれる馬具の一つです。

ウールやフリースなどの素材で作られた包帯状の物で、肢のプロテクタや、馬運用ブーツも含めて「肢巻」と総称する場合もあります。

バンデージは、ウマの肢(あし)の下部に包帯のように巻きつけ、肢の保護、保温などの目的で使われます。

運動時に使う肢巻には伸縮性の高いものが使われ、肢を外傷から守る機能はプロテクタも持っているが、肢巻(バンデージ)はそれに加え、適切に施せば、サポーターやテーピングのように、腱や靭帯を保護し怪我を予防する効果も期待できます。

またバンデージはは、厩舎で休む際や輸送の際にも利用され、保温や、外傷防止の目的から、ある程度厚みがある柔らかなものが用いられ、肢巻の下にさらにパッドやラップを巻いておくこともあります。

 
Top
競馬バンク 馬に使われる道具・馬具一覧 バンデージの効果や特徴とは