競馬バンク 馬の品種・分類 野生種の特徴や歴史

野生種の特徴や歴史

野生種

参考:[https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%82%A6%E3%82%B3%E3%83%8E%E3%82%A6%E3%83%9E]

野生種

名前
野生種
特徴や歴史

馬の野生種は、現在では、ほとんど絶滅したとされています。

アメリカのムスタングや、宮崎県都井岬の御崎馬などは、半野生状態で生息していますが、いずれも家畜として飼育されていたものが逃げ出し、繁殖したものです。

かつては、北海道では野生化した馬を狩猟・捕獲し、ばん馬として荷物や馬ソリの牽引をさせることもありましたが、現在では見ることはありません。

また、モンゴルに生息する「タヒ」(モウコノウマ)は、現在、世界で唯一とされる真の野生ウマです。

しかし、1968年以降、生息が確認されなくなり、本国では一度絶滅したとされています。

その後、海外の動物園で飼育されていたものを里帰りさせ、自然保護区のホスタイ国立公園内で繁殖を重ね、200頭を超えるまでになっています。

種類としては、次のような種類が挙げられます。

  • タヒ
 
Top
競馬バンク 馬の品種・分類 野生種の特徴や歴史