競馬バンク 馬の品種・分類 中間種の特徴や歴史

中間種の特徴や歴史

中間種

参考:[https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%82%]

中間種

名前
中間種
特徴や歴史

中間種は、軽種と重種の中間的な性質を持ち、軽快さと比較的温厚な性質を持つのが特徴です。

そのため、乗馬、馬術競技馬として優れた性質を持っています。

また、中でもクォーターホースは、アメリカにおいて主として乗馬・牧畜作業・競馬用として活躍。

世界各地で400万頭余りが登録されており、事実上世界で最も頭数の多い品種でもあります。

種類としては、次のような種類が挙げられます。

  • セルフランセ
  • スタンダードブレッド
  • クォーターホース
  • ハクニー
  • ハンター
  • ノルマン
  • フリージアン
 
Top
競馬バンク 馬の品種・分類 中間種の特徴や歴史