競馬バンク 馬の品種・分類 重種の特徴や歴史

重種の特徴や歴史

重種

参考:[https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%AD%E3%83%B3]

重種

名前
重種
特徴や歴史

重種は、主に農耕や重量物の運搬のために改良された品種です。

中世ヨーロッパでは重い甲冑を着込んだ重装備の騎士の乗馬とされ、大きな個体では体重1トンを超えることも珍しくありません。

また、北海道特有の競馬競走の一種、ばんえい競馬で用いられているのは、この重種でもペルシュロンやベルジャンの混血馬や、これらと北海道和種などの在来種の混血(重半血)が多くなってます。

軽種馬以外の登録を管轄する日本馬事協会では、2003年度以降に生産されるばんえい競馬向けの馬については、純系種同士の馬による配合馬のみ一代限りで「半血(輓系)種」とし、それ以外については「日本輓系種」として登録されています。

種類としては、次のような種類が挙げられます。

  • ペルシュロン
  • ブルトン
  • ベルジャン(ベルジアン)
  • シャイヤー
  • クライズデール
 
Top
競馬バンク 馬の品種・分類 重種の特徴や歴史