競馬バンク 競馬用語集 馬っ気の意味

馬っ気の意味

競馬用語集( 馬っ気 )

用語
馬っ気
説明

牡馬が発情した状態で、馬房内や、下見所で男性のシンボルを勃起させることをいう。

下見所でこんな状態になるときは関係者が水をかけて静めたりするが、異常に興奮しているので競走能力に影響することが多い。

パドックの周回中に、前に牝馬が歩いていると馬っ気を出す場合があります。

ただ、比較的レース経験の浅い馬に見かける現象で、キャリアを積んだ古馬下見所で馬っ気を出すことはほとんどありません。

関連用語

用語 説明
ウッドチップコース 針葉樹の木屑を砂の上に敷きつめた馬場。 栗東や美浦のトレセンや函館競馬場で盛んに使われています。 この馬場はダートコースに比べクッションが非常に良く、脚への負担が少ないのが最大の特徴です…
馬なり 調教やレースにおける脚いろの表し方のひとつで、騎手が追わないで馬が気のままに走っている状態のこと。 騎手が補助動作(手綱をしごいて追ったり、ステッキを入れるなど)を加えない走りぶりのことで、「…
内馬場 練習用の馬場のことを指します。 本馬場の内側に設けられていることが多いため、こう呼ばれます。 また、東京競馬場や中山競馬場ではダートコースの内側にあり、通常、砂のコースになっており調教で…
ウラスジ 屈腱(深屈腱、浅屈腱)のこと。 脚の裏側にあるスジということで言われる言葉です。 「ウラスジがもやもやして」とか、「ウラスジに熱をもって」など関係者の間でよく使われています。
うるさい 馬の性格を表す言葉で、扱いやすく素直な気性の馬を「おとなしい」と言うのに対し、扱いにくかったり、気性的に難のある馬を「うるさい」といい、「うるさいところのある馬」などと使います。
上腹 鞍を装着するとき1本の腹帯だと鞍ズレを起こしやすいく、破損した場合は危険なので、それらの予防のために鞍の上から腹帯の上にもう1本の帯を締めています。これを上腹といいます。
馬七人三 馬が七分で人が三分ということで、競馬は馬の力だけで決まるものではなく、鞍上(騎手)の及ぼす力も三分あるという言葉。 しかし、この割合は“馬八人二”という人や、“馬六人四”という人もあり、どちら…
馬番 競走馬がレースでつけているゼッケン番号のこと。 この番号の若い順(1、2、3……)がインコースからのゲートの順でもあり、枠番とは異なることもあります。
馬ごみ 複数の馬が密集している状態。 馬は繊細な動物なので、レース中、馬ごみの中でもまれると神経をすり減らしてしまい力を出しきれなくなることがあります。 また、反対に、興奮している馬は、わざと馬…
馬単 正式には「馬番連勝単式馬券」と言います。 1・2着の馬を着順通りに当てる馬券で、単純に考えれば馬連の2倍の配当となるが、人気の高い方が1着の場合は2倍までいかないことが多くなっています。 …
用語 説明

競馬用語集

Top
競馬バンク 競馬用語集 馬っ気