競馬バンク 競馬用語集 厩舎の意味

厩舎の意味

競馬用語集( 厩舎 )

用語
厩舎
説明

調教師が馬主から競走馬を預かり、調教・管理する施設・組織の総称で、厩(うまや)とも言います。

一人の調教師が管理する厩(うまや)全体を厩舎ということも多くなっています。

また「厩舎作戦」「厩舎情報」などの言葉は、ここから出ているもので、厩舎関係者あるいは厩舎サイドといった意味を持っています。

中央競馬では、厩舎は茨城県の美浦トレーニングセンターと、滋賀県の栗東トレーニングセンターの中にあります。

また、地方競馬では、別にトレーニングセンターを設け、そこに厩舎を置く場合もありますが、多くは競馬場に併設されています。

関連用語

用語 説明
急仕上げ 休養明けの馬を短期間でレースに出られるようにする調教。 一般的に、競走馬を仕上げていくには、かなり日数と手間がかかりますが、目標のレースに間に合わせるため、仕上げの過程で、ある部分を省略して仕…
禁止薬物 馬の競走能力を一時的に高め、または減ずる薬品(薬剤)が競馬施行規程第132条に規定されていて、これを投与されその影響があるとみなされる馬は、出馬投票が出来ません。 また、レース後1~3着までの…
厩務員 飼い葉と呼ばれるエサを与えたり、毎日の手入れなどを行う競走馬の世話をする人。 トレーニング・センター場長の承認の上で、調教師との間に雇用契約を結び、原則として1人あたり2頭の持ち馬の一切の面倒…
胸囲 体高、管囲とともに馬の大きさを測る基準のひとつで、肩甲骨の真後ろの胸の周囲を測ります。帯道(径)とも言われます。
キャンター・ギャロップ ともに駆歩のことを指しますが、緩い駆歩をキャンター(canter)といい、襲歩または競走駆歩と呼ばれる速い駆歩をギャロップ(gallop)と呼んでいます。 イギリスなどではレースで楽に勝ったと…
脚色 馬の走りの勢いを指します。 余力十分に走っているときは「脚色が良い」、余力がなくなってバテ気味のときは「脚色一杯」などと言われます。
競走除外 パドックや返し馬の時などに馬体に異常が発見され、出走を取り消すこと。 疾病や事故などによって出走を取り消す場合を競走除外といい、取り消した馬を競走除外馬と言います。
黄旗 ゲートから5メートル先のスタートラインに立つ係員が、先頭の馬が通過すると同時に振る旗で、時計旗とも言われます。 発馬後、先頭馬の通過と同時に旗が振り下ろされ、それを見た計測係がストップウォッチ…
脚部不安 競走馬の脚がまともにレースに出られない状態。 骨折や屈腱炎などの一歩手前であることもあり、ひどくなると調教することも出来ません。また、最悪の場合は引退となるケースもあります。
利き脚 走る時にどちらの脚を先に出すかで決まる脚。 右脚が先なら右手前、左足が先なら左手前と呼びます。 人間で言う、利き手のようなものです。
用語 説明

競馬用語集

Top
競馬バンク 競馬用語集 厩舎